【反響アップ】1,000枚配布3件反響 不動産編

この記事は約2分で読めます。
マンション集合ポストの写真

ポスティングの反響率

新型コロナの影響により、今までのビジネスモデルからの転換が迫らている昨今ですが。そんな中、事業者様も人手や経費をかけてポスティングをしますので、反響(問合せ・注文)がどれくらいあったか気になりますよね? 
全国平均で約0.3%ほどと言われています。およそ1,000枚で3件ほどの反響があることになりますね。しかし、配布エリアの特有の要素、例えば大学などが多い学生街、繁華街、駅前、ニュータウンなどで、世代や生活様式が大きく異るのであくまで平均の数字と考えるのが良さそうです。

ポスティング方法で反響率が変わる?

例えば、新築不動産の内覧会だと、日曜日にご夫婦、家族で来る事が多いの。木曜、金曜に重点的に配布する。
さらに配布する物件を絞るのが良いです。配布する物件は新築を購入する年代の約50%が30代ですので、その年代の人が多く住んでいるファミリータイプの物件に配布するなどです。
ただ、全国平均の0.3%という数字は全業種の平均ですので、一生に一度とも言える、高額な不動産の場合は当然反響率が低い事が予想されます。いずれにしても、業種、事業所の場所、客層など多角的に検討してポスティングするのが、反響率アップにつながりそうです。

まとめ

  • 反響率(問合せ・注文)は全国平均で0.3%ほどである。
  • ポスティングの方法次第で反響率が大きく変わる。